事故ってしまいました…

こんばんわ。酒飲み親父です。
金曜日の夜、皆さんは如何お過ごしですか?
親父は仕事を終えてビールを飲んでます。

早いモンで来週はもう6月ですねー。もう夏もすぐそこです。
今年の夏はあついんでしょうかね?
農業や景気の為には暑い方がいいんでしょうが、俺は涼しい方が良いです…(^-^;)

そうそう、最近相方の勧めで素務衣(甚平?)を買って着るようになりました。
今時分はまだ涼しいので胸元が寒いですが、なかなか寛げてよいです。

ありがちですが、父の日のプレゼントに如何ですか?(^-^)


では、本日のニュース抜き出し

「優しくしてもらおうと思った」小4男児の作り話だった

兵庫県で小学4年生が一時、車に連れ込まれたと届け出があったらしいのですが、この事件、実は男児の作り話だったそうで、その子は「お母さんによくしかられていたので、驚かせて優しくしてもらおうと思った」と話しているそうです。

彼にしてみれば、母親の気をひく為の可愛い嘘のつもりがとんでも無い大事になったということでしょうか…。
警察にしてみればはた迷惑の話です。

しかし、こういう場合親はどのようにこの子に接するのが正解なんですかね?
きちんと愛情を示しつつ叱る?どのように??
うーん、難しそう…(-_-;)


運動会の反省会で校長、また反省…女性教諭の体触る

今時分って地方によっては運動会シーズンなんですかね?
なんでも運動会の反省会で気分を悪くした女性教諭を校長が自分の家に連れ込み、女性教諭の体を触ったという事で処罰されるみたいです。

その女性教諭、可愛かったんでしょうか?
まぁねー、男だったらわからんわけじゃないのですけどね。
もう誰も見向きもしてくれないようなジジイの前に、うら若き乙女のたおやかな体が無防備に…。
そりゃもう残酷ってもんです!

でもね。そこを踏み越えちゃいけませんよ。
素直にキャバクラでもいっとけば良かったのにねー。

校長、どのみちこれじゃ世間的にも顔向け出来ないし、校長続けられないでしょう…。
人生の損益分岐点をまちがえちゃったんですかね…。
(Hちゃん。例のヤツのパクリです。(^-^;)



「電車男」世界へ 8つの国と地域で公開決定


あの「電車男」が映画化され、日本以外の国でも公開されるそうです。
あの話、確か1年前位にネット上で展開されたお話なんですよね?
それが早くも映画化され、ドラマ化もされるなんて凄い展開ですね。

ちなみに漫画化も何社かでやられているみたいです。
個人的にはヤングサンデーの原先生のが好きかな?

俺もダメ男だっただけに、「電車男」をみて他の国のダメ男達も元気になる事を願ってます!(^^)


殴り付けた「おもちゃ」のピストル壊れ、強盗が退散

次は間抜けなお話…。
表題の通りですが、強盗犯が被害者をおもちゃのピストルで殴った処、ピストルが壊れた為強盗犯は逃げていったそうです。

なんとも間抜けな話ですねー。おもちゃの素材じゃある程度予想できただろうに…。
ま、被害者が無事でよかったですね。
あとはその間抜けな強盗がさっさと捕まればいいんですけどね…(^-^)


香港ディズニーのメニューに「フカヒレ」、動物保護団体が非難

表題のごとくですが、環境保護団体が香港ディズニーで「フカヒレ」を販売する事を非難しているようです。
これを訴えているのはかの有名な環境保護団体グリーンピースのようですが、鯨だけではなく、サメもダメなんでしょうか??
確かに乱獲されると海の中の食物連鎖がくずれてしまうのかもしれませんが、イマイチ腑に落ちません。

ちなみに以前聞いた話ですが、グリーンピースの幹部とやらは環境活動と称して多額の献金をせしめ、豪邸に住み数多くの高級車乗り回すような輩だと聞いた事があります。
環境を大切に!鯨もサメもダメ!というならまず車にものらず、小さな部屋に木綿の服でつつましく生活する…といった範を示して欲しいモノです。
それが出来ないようなヤツのいう事なんて、到底共感できません…( -_-)


では本日のネタ。
本日のネタは事故ってしまいました…です。


表題の通りですが、ここ一週間、書き込みをサボっていたのには理由があったんです。

先日の日曜日、車の運転中に事故ってしまいました。
試験に行ってた相方を迎えにいった帰り、国道2号線を走行していた処で前の車が急ブレーキをかけ、親父も驚いてブレーキを踏んだのですが止まりきれずオカマを掘ってしまったという処です。

実際、急ブレーキを掛けた車が前へ滑ってぶつかるという感覚が未だに忘れられません…。

まぁ、幸い前の車の方も相方も深刻な怪我もなくすんだのは不幸中の幸いでした。
これで人が一人・二人死んでたら親父、こんなブログ二度とかけませんもんね…(-_-;)
(先方も大丈夫だとは言ってくれましたが、相方は昨日までちょっとクビが痛かったそうですが…)

もっとも親父、事故は初めてだったのでぶつかった直後はショックでこんな考え方も出来ず、ちょっとしたパニック状態でした。
とりあえず、渋滞をさける為、相手方の車と共に車を路側帯によけて警察に電話した後、どういった対応をしたもんかわからないもんで保険屋に電話をかけたら、

 「まぁ、警察の現場検証が終わってから電話してくれ…」

と無下にあしらわれました…。

 こちとら、高い保険料を9年も払ってるんだから
  ちょっと位相手してくれっつーの!(;>_<;)


先方も事故は初めてらしく、どうすればわからない気まずい雰囲気のまま約30分、やっと警察が来てくれました。
でも、大事故にはならなかったせいか?警察の対応も随分とあっさりしたもんでしたよー。
実際、事故の事情聴取にしても、さっさとおわらせようというのがアリアリで、

 「まぁ、アンタがちょっとボーっとしてて追突したって事にしようや…。」

という感じでさっさと進められてしまいました。
親父、ちょっと抗議しましたが、過失はやはりこちらにあるので結局それで進められてしまいました…(-_-;)

で、約2~30分ほどかけて現場を検証&両者の事情聴取したら、

 「なんか、次の事故が起きたみたいじゃから次の現場に
  行かにゃーならんのじゃ。後は当事者どうして話し合ってくれー。
 まぁ穏便にな…(^-^;)」


と言って、さっさと行ってしまいました。

ホント、

 「え?たったこれだけ??(;゜∇゜)」

って感じでした。


時間は事故から1時間程経ち、先方は徳島から来た方で、翌日仕事&自走可能なのでとりあえずさっさと帰りたい模様。
親父、再度保険屋に電話したら、

 「では、まず○○をお願いします…」
 「次に、○○をお願いします…」


というマニュアル対応…( -_-)


いや…、確かにマニュアルも大事だし、俺の保険番号等の情報がないと動けないのかもしれない。

でも、
とりあえず聞きたいのは先方とはどういう情報を交換すればいいのか?もう帰りたがっているけど最低限何をやったら帰ってもらっていいのか?そういう事だっつーの!( ̄ヘ ̄+)

ま、事情をしらないんだから無理もないんでしょうが、なんか無茶苦茶腹立ちました…( -_-)


その後、当事者同士で住所&電話番号等を交換し、車は徳島の車屋へ。後の対応は保険屋に対応してもらう旨を伝えて先方は帰宅。
でも、親父の車、かなりフロントがいってるんで走らせる訳には行かない模様。
しょうがないので車検を通した近所の車屋に電話してレッカーしてもらうつもりだったのですが、道が混んでてなかなか来ない!
そのうち脇見渋滞も発生して通行する車の人がジロジロ親父達をみてました…。

いやー、普段親父も脇見してる人だったんですが、自分がやられると腹が立つやら惨めやら…(-_-;)


ただ、唯一の収穫というか救いはうちの相方が一切怒りもせず、それどころか…

 いや、しょうがないよ。
 いいじゃん、ブログのネタにすれば!


 
「親父です…。ホモでもないのに
  人のオカマを掘ってしまったとです…。」(ヒロシ風の口調)


 って書けばいいじゃん!(^-^;)

と言って励ましてくれた事です。

内心、

 「いや…、それイマイチ面白くないから却下…」

と思いつつも、随分と救われたような気がしました。(^ー^;A


人はピンチや逆境と時ほど、本当に心配してくれる人がわかるといいます。
その意味ではうちの相方はそれに当てはまる人間だ。と言う事がわかっただけでもちょっと嬉かったです。

でも、やはり車の事を考えると憂鬱ですが…(T-T)


追加報告:

事故が先週の日曜日なんでもう5日経つんですが、保険屋からは月曜日に担当が決まって電話があったっきり、2枚ほど無機質な書類が来ただけで電話もありません。
まぁ、ネット経由で先方の経過がわかったので少し安心しましたが…。

あと、担当者と称する人間が何人も変わっていくのも何だか不愉快です。
あえて保険会社の名前は言いませんが、人の心を動かすサービスってのはそういうモンじゃなくて、担当者の温かい一本の電話だと思うんですが…。

こんなんやったらもうちょっと安いダイレクトラインとかに換えようかな…( -_-)

この記事へのコメント

2005年05月28日 01:46
なんでも、前回取り上げたレイザーが本日のバク天に出る模様です。
ちょっと興味をもたれた方には是非みて頂きたい!(^-^;)
(親父はそれどころではありませんが…(T-T)
2006年05月26日 13:16
私も先々週の日曜日に女に子の運転する車にオカマを掘ってしまいました。
新車だったので先方が新車を返せとうるさかったです。まだ決着はついていないようです。
保険で修理すれば21万で直る修理を
100万以上払って新車を返せと言われても
申し訳ないけどそれは受けられませんね。
新車であろうが中古車であろうが車には変わりないし愛着からすれば中古の方が強かったりする場合もある。
2006年05月28日 20:05
私も掘りました さん、コメントありがとうございます。
事故、大変でしたね…。

親父の事故の場合、先方が非常に良く出来た方だったので円満スピード解決だったのですが、私も掘りました さんのケースは結構揉めているみたいですね。お気の毒に…。

それにしても、先方が直接家にまで乗り込んで来るのは反則ですよね。(先ほどブログを拝見しました…(^^;)
それだけ気持ちを訴えたいのかもしれませんが、そんな事されても困りますよね~。

まぁ、他の方も言っているようですが、ここは心を鬼にして、「保険屋に全て任せて居りますので…」で押し通すしかないように思います。

大変だと思いますが、気持ちを強く持って!
頑張って下さい!

この記事へのトラックバック

  • オカマを掘ってしまった

    Excerpt: 家族で出かけた帰り パイパス上で女の子が運転する車に オカマを掘ってしまった。 何がどうしたのやらサッパリ分からず 衝撃がどんと来て気がついた 多分ブレーキランプも目に入ったのだろうが ブ.. Weblog: あらららら・・・・ racked: 2006-05-26 13:12